ライブ-セットリスト

音楽情報を中心にライブのセットリストを掲載しています。

【GENERATIONS】5大ドームツアー2019の日程発表!!チケット購入方法!

本日5月26日(日)、GENERATIONSのライブツアー2019の日程が発表されました。

GENERATIONS LIVE TOUR 2019 “少年クロニクル”

f:id:torend109:20180927204930j:plain
昨年に続き、2年連続となるドームツアー開催になります。
昨年は札幌ドームを除く4大ドームで全10公演を行い、41万5000人を動員しましたが、今年は更にスケールアップし、また今回は札幌ドームも含まれてるので初の5大ドームツアー、8月31日の札幌ドーム公演を皮切りに約3か月間で全12公演を予定、過去最多の48万人の動員を見込んでいる。
ジェネファンにとっては待ち望んだ発表でしたから、SNS上でも喜びの声が上がってましたね!

 

※以下、ツアー日程とチケット購入方法になります。

 

【GENERATIONS LIVE TOUR 2019 “少年クロニクル”】
■8月31日(土)北海道・札幌ドーム 開場17:00 / 開演19:00

■11月07日(木)東京・東京ドーム 開場16:00 / 開演18:00
■11月08日(金)東京・東京ドーム 開場14:00 / 開演16:00

■11月15日(金)愛知・ナゴヤドーム 開場17:00 / 開演19:00
■11月16日(土)愛知・ナゴヤドーム 開場16:00 / 開演18:00
■11月17日(日)愛知・ナゴヤドーム 開場15:00 / 開演17:00

■12月06日(金)大阪・京セラドーム大阪 開場17:00 / 開演19:00
■12月07日(土)大阪・京セラドーム大阪 開場16:00 / 開演18:00
■12月08日(日)大阪・京セラドーム大阪 開場14:00 / 開演16:00

■12月13日(金)福岡・福岡ヤフオク!ドーム 開場17:00 / 開演19:00 
■12月14日(土)福岡・福岡ヤフオク!ドーム 開場16:00 / 開演18:00
■12月15日(日)福岡・福岡ヤフオク!ドーム 開場15:00 / 開演17:00

 

■チケット販売情報

全席指定 ¥10,000(税別)
※6歳以上有料、5歳以下入場不可

■チケット先行スケジュール

■EXILE TRIBE FAMILY先行
《受付期間》
6/7(金)15:00~6/10(月)23:00
※最大3公演、各4枚までエントリー可能

《対象者》
2019/5/31(金)までにご入会(=ご入金)で、会員有効期限が2019年6月時点で有効な会員様

 ■LDH TV先行
《受付期間》
6/15(土)15:00~6/16(日)23:00
※最大3公演、各4枚までエントリー可能

《対象者》
2019/6/9(日)までにLDH TVにご登録の会員様

■EXILE chプレミアム先行
■EXILE ch先行
《受付期間》
6/15(土)15:00~6/16(日)23:00
※最大3公演、各4枚までエントリー可能

■EXILE TRIBE mobile先行
■EXILE mobile先行
■LDH mobile先行
■E.G.family mobile先行
《受付期間》
6/22(土)15:00~6/23(日)23:00
※最大3公演、各4枚までエントリー可能

■EXILE TRIBE CARD先行
《受付期間》
6/22(土)15:00~6/23(日)23:00
※最大3公演、各4枚までエントリー可能

《対象者》
EXILE TRIBE CARD会員様
※入会申込済みの方でも、クレジットカードが発行されていない場合は対象外です。

 ■月刊EXILE先行
《受付期間》
6/22(土)15:00~6/23(日)23:00
※最大3公演、各4枚までエントリー可能

《対象者》
月刊EXILE年間定期購読者

一般販売
 7/28(日)

以上が、チケット先行販売のスケジュールになります。
人気アーティストなだけにチケット倍率は高くなることが予想されますが、それぞれのサイトで受付期間が異なってるので申し込みの際は、お間違いのないように気をつけましょう。また先行販売でもチケットの確保を保証できるものではないので、それを理解した上で申し込みましょう。

そして7月からGENERATIONSが3か月連続で新曲をリリースすることも発表しました。
・第1弾シングルは7月17日にリリースする「Brand New Story
片寄涼太が声優に初挑戦したアニメ映画『きみと、波にのれたら』の主題歌となっており、軽快なミディアムテンポのサウンドに、ボーカル二人のハーモニーとメロディーラインがマッチしたGENERATIONSらしい前向きな楽曲になっているので、こちらも期待して待ちましょう!